ココロの荷物のおろしかた

■HOME



■このサイトについて



■依存症ってどんなもの?

 ●依存症の意味
 ●嗜癖の3分類
 ●依存症になるのは
     意志薄弱だから?

 ●依存症は治せるか



■パチンコ依存症とは?

◆ある依存症者
       −Kさんの場合

◆パチンコ依存症を考える
 ●依存する心のプロセス
 ●パチンコ依存症者の
          抱える問題

 ●回復を求める時
◆パチンコ依存の処方箋
◆パチンコ依存症雑感



■共依存症って何だ?

 ●共依存症の概念
 ●イネーブリングという
     考え方

 ●共依存者の心の波紋
 ●アダルトチルドレン
 ●共依存を疑った時は




■本のご案内
 ―依存症を知りたい時に



■LINK■

■BBS■


管理人・あきらの現在
Diary
Crossing

パチンコ依存症とは?■

◆パチンコ依存の処方箋◆
【パチンコ依存における「回復」の意味】
【個別療法】 【集団療法】 【家族のための療法】
【回復過程において】



【パチンコ依存における「回復」の意味】

「パチンコを止めよう」
と思ったとき,イメージしている理想形には2つの形があるのではないかと思います。

*上手に依存対象と付き合えるようになる
 (遊びの範囲でパチンコを楽しめるようになる,決めた投資金額の範囲で止められるようになる,など)
*依存対象に興味・関心をもたなくなる
 (パチンコに行きたいと思わなくなる,パチンコ屋の前を通ったり,周囲の人にパチンコの話をされても関心を持たなくなる,など)

たとえ「底つき」状態を経験した依存症者でも,もともとはパチンコが楽しくて仕方がなかった時期があったはずで,依存症者としては,「上手に依存対象と付き合えるようになる」ことが望ましいと考える人が意外と多いのではないでしょうか。

ですが,残念ながら,一度依存症になってしまうと,「上手に依存対象と付き合えるようになる」のはほぼ不可能だと考えられています。

「依存症ってどんなもの?」に書いたこととも重複するのですが,もう一度おさらいしておきます。

依存対象とニュートラルに付き合える状態を「完治」とするのであれば,依存症に「完治」はない,と言われています。なぜなら,「依存症」自体が依存対象に関するコントロールを失う病気だからです。

実際に,数年という長期間の禁パチ後にリバウンドし,さらに深い依存状態になった,という話はよく聞きますが,「ほどほどに遊べるようになってよかったよ」という話は聞いたことがありません(絶対いないとまでは言いませんが)。

正確に言えば,コントロールすることが絶対不可能なわけではないと思います。
しばらく禁パチし,再びパチンコを打つこと自体はもちろん可能ですし,実際再依存には至らなくても,打ってみた,という方はおられるのではないでしょうか。
ただ,以前の(特に依存初期の頃の)ように楽しんでパチンコを打つことが出来ないのは間違いないと思います。

シミュレーションしてみましょう。
3年の禁パチ後,久しぶりにちょっと遊んでもいいかな,と,金額と時間を決め,その範囲内でやる,と決意し,打ち始めます。
…そこで。
打ちながら,「絶対この金額で(この時間内で)やめるんだ」と言い聞かせ続けることになります。
依存状態でどっぷりパチンコにはまり,いろんな問題を引き起こし苦しんだ経験があるわけですから,もう一度その状態に戻ることはとても怖いですよね?
せっかく返した借金をまた借りることになるかもしれないし,やっと取り戻しつつある家族の信頼を再び失うかもしれないんですから。
そんなことになったら,更に深い自分への絶望感を感じなければなりません。
たとえ出たとしても,「こんなのはたまたまラッキーだったんだ,これで調子にのったら元の木阿弥だ」と言い聞かせ続けなければなりません。
…楽しいと思いますか?
以前の,コントロールを失った状態を思い浮かべ,恐怖心を抱えながら打たなければならないわけです。
これはほとんど苦行です。

逆に,もし,「そんなこと考えなくていいや」などと手綱を緩めてしまったら…
決めた金額・時間を越えても「あと少し,もうちょっとだけ…」と,3年前と全く変わらない思考回路に陥ってしまいませんか?
これでは依存状態へ再突入…というか,やはり依存症は治っていないのだ,という以外にありません。

全く依存せず,娯楽の範囲でパチンコを楽しめるようになるというのは,かなり考えにくいです。

ですが,きっぱりパチンコと縁を切ってしまうことで,依存以前の状態,あるいはそれ以上の(人間的成長を伴った)状態に「回復」することは十分可能です。
この「回復」に至る道のりが依存症の「治療」です。

とはいえ,パチンコをやめよう,やめなくちゃ,と思った時,「もう一生打てないんだ」と思うとかなり辛いという人もいるのではないかと思います。

実際,禁パチ初期には,「しばらくやめて状況(金銭・家族関係など)をよくする」というのが当面の目的になることが多いです。
私自身も,「とりあえず止めて,まともな生活を取り戻そう」という感覚で禁パチを始めました。

ですが,禁パチ期間中に,自分のパチンコ依存をしっかり認めることができたり,なぜ依存してしまうのかの自分なりのプロセスをつかむことができれば,自然とパチンコをしたいという気持ちは薄れてくるのではないかと思います。

そもそもパチンコ依存症は,「パチンコが好きで好きでたまらない病気」ではなく,「心の隙間をパチンコで埋めようとする病気」ですので,パチンコをしなくても心の隙間を埋めることができれば,やる必要性すらなくなります。
たと打ったとしても,以前のように「心の隙間」が埋まることも無いわけですから,パチンコで得られる精神的充足感も快感も薄まり,もはやパチンコにムダに何万円もつぎ込むことに魅力は感じなくなるのではないでしょうか。

まずは,パチンコ屋から遠ざかってみることです。
どうしても未練があるなら,「一生打ってはいけない」などと無理やり引き剥がすこともないと思います。
一定期間の目標を達成したら打ってもいい,そう考えていてもいいのではないでしょうか。

パチンコ屋がこの先3年や5年のうちになくなるとは考えられません。
50年先はわかりませんが(なくなりはしなくても,今とは違う形になっているかもしれないし),10年,20年後だって健在だと思います。
だから,今,自分の状況の悪い間はお休みする。
立て直したらどうするかはわからないけど,とにかく立て直すまでは,行かない(ただし,禁パチ期間は最低でも年単位でとらないと,3ヶ月や半年くらいでは効果は全く望めないと思います)。
とっかかりはそんな考え方でもいいのだと思います。

ただ,自分は依存症だということと,依存症というのはどういうものか,とういうことだけは,禁パチ期間中にしっかり頭に刻んで下さい。
でないと,再び手を出したときに,あっさり再度飲み込まれてしまいます。

一生パチンコをやらないにせよ。
禁パチの目標を達成したらやるにせよ。
自分の意識を変えない限りは,「依存」→「禁依存」→「再依存」→「禁依存」→「再依存」…の無限ループに陥るだけで,しかも状況はだんだんに悪くなっていく(一度回復を経験してしまうと,「ここまでは大丈夫」という安心感をもってしまうので,再依存時には最初の依存時よりも状況は深刻化する)一方です。

〔実際の治療法は?〕

少し(?)話がそれてしまいましたが。

パチンコ依存症から回復するために有効な治療法はどんなものでしょうか。
いくつか考えられますが,大雑把に2つに大別してみました。

「個別療法」と「集団療法」です。

サイトマップへ

読んで字のごとくなのですが(ちなみに専門用語ではなく造語ですので,悪しからず),「個別療法」は「1対1」もしくは独力でケアをしていく治療法,「集団療法」は,集団に所属しクループカウンセリングなどで治療していく方法です。

≪ 前へ:●回復を求める時 |次へ:【個別療法】 ≫
                       △ このページのTOPへ | HOMEへ >