ココロの荷物のおろしかた

■HOME



■このサイトについて



■依存症ってどんなもの?

 ●依存症の意味
 ●嗜癖の3分類
 ●依存症になるのは
     意志薄弱だから?

 ●依存症は治せるか



■パチンコ依存症とは?

◆ある依存症者
     ―Kさんの場合

◆パチンコ依存症を考える
 ●依存する心のプロセス
 ●パチンコ依存症者の
         抱える問題

 ●回復を求める時
◆パチンコ依存の処方箋
◆パチンコ依存症雑感



■共依存症って何だ?

 ●共依存症の概念
 ●イネーブリングという
     考え方

 ●共依存者の心の波紋
 ●アダルトチルドレン
 ●共依存を疑った時は



■本のご案内
 ―依存症を知りたい時に




■LINK■

■BBS■



管理人・あきらの現在

◇Diary

Crossing

■このサイトについて■


初めまして。
「ココロの荷物のおろしかた」の管理人,あきら と申します。

パチンコ依存症,ニコチン依存症。そして,共依存症。

それが,私がこの約10年の間に囚われた依存症です。

もともとは,昔付き合っていたパートナーにくっついて,パチンコ屋に行ったのが始まりでした。
二人して毎日のようにパチンコ屋に通うようになるまで,大した時間はかかりませんでした。

やがて,パチンコによる借金と
タバコによる体調不良と
パートナーとの関係からくる情緒不安定に
激しく悩まされるようになりました。

依存症は,現状を打破するのが非常に難しい問題です。
今の状況が良くないことを十分認識していながら,なかなか動き出すことが出来ません。

私も長い間,何をどうすれば良いのかすらわからず,ただ悩み続けるばかりでした。

やがて,友人達の力添えもあり,共依存関係にあった相手とは別れました。
その後,禁パチサイトとの出会いにより,ようやくパチンコ屋からも離れることができ,
その上タバコまで止めることができました。

だけど。

それでもやはり,苦しいのです。
色んな時に,生きているのが辛くてたまらなくなるのです。
自分の存在そのものに何の自信も持てなくて,不安にかられて自暴自棄になりそうなことも度々でした。
パチンコを止めても,タバコをやめても,解決できない問題がそこにあるのです。

そして気づきました。

これこそが自分の「依存症」の根本ではないのか,ということに。

それから私は,積極的に依存症のことを知ろうとし始めました。
そして,少しずつではありますが,依存というものの輪郭がわかってきたような気がします。
それとともに,依存からの解放の糸口が見えてきたように思えました。


依存症は,心の病です。
ですが,治せる薬も,即効性のある治療法もありません。

でも,依存症は,自分の中の依存の根本と向き合う勇気を持てば,そして理解し認めることができれば,少なからず楽になれるものではないかと私は考えています。

このサイトを訪れて下さったあなたは,少なからず依存に苦しんでおられるか,あるいは,ご家族など大切な方の依存症に悩んでおられる方だと思います。

残念ながら私は専門家ではないので,治療を施すことはできません。
適切な助言や,効果的な対処法を教えることもできません。

ですが,もし,私が依存症を学ぶ中で知ったこと,気づいたことを伝えることで,少しでも依存からの解放を得られるきっかけになれば―
そんな思いから,このサイトを立ち上げました。

自分自身の経験から,「依存症を知ることは,回復の上で大きな力となる」−そう思ったからです。

私もまだまだ依存症を理解しようとする途上にいる素人です。
また,依存症者にも様々なケースがあり,一つのパターンに収めることはできないので,あなた自身,また,あなたのご存知の依存症者にはあてはまらない部分もあるかもしれません。
ここに書いてあることの全てが「正解」だというわけではありませんし,
今後,内容や表現に訂正が入る可能性もありますが,何卒ご理解下さい。

もし,このサイトが,あなたの抱えてしまった心の荷物をほんの少しでも軽くするお役に立てれば
本当に嬉しく思います。

2005年10月


※ このサイトは,ブログ「ココロの荷物のおろしかた」に掲載していたものを,改変し,再編したものです。サイト化にあたり,一部,表記や内容を変更した部分があります。

管理人:あきらの禁パチ日数      


 △ このページのTOPへ | HOMEへ >